最盛期は全国の1/3を領した織田信長の石高は何万石?【日本の歴史ブログ】

織田信長の最盛期は全国の1/3を領し推定石高は約780万石?【日本の歴史ブログ】

■ 日本の歴史ブログ
織田信長の最盛期は全国の1/3を領し推定石高は約780万石?

日本全国で覇を競った戦国武将たちでしたが、実際に信長のように天下統一を目指した大名は数少ない。多くの戦国大名がそれぞれの領土を死守し、地方を経営することしか考えていなかった時代、信長は次の国家像を思い描き、その軍事力によって中央集権国家を樹立しようとした唯一の人物でした。

「本能寺の変」の直前、織田軍の最大勢力範囲は全国の三分の一におよんだ。推定石高は約780万石。これは国内総石高の四割に相当する数値です。信長がたった一代で作り上げたこの勢力基盤は、のちに秀吉の天下統一、徳川家康による江戸幕府成立に引き継がれていくことになるのです。

※写真は信長最盛期に築城した安土城跡と安土山
写真は信長最盛期に築城した安土城跡と安土山






【安土城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る