石川数正はなぜ徳川家康から豊臣秀吉へ寝返ったのか? 【日本の歴史ブログ】

松本城:貴重な国宝天守 徳川家重臣だった石川数正築城の日本四大国宝 松本城 【お城特集 日本の歴史】

■ 日本の歴史ブログ
石川数正はなぜ徳川家康から豊臣秀吉へ寝返ったのか?

国宝としてあまりにも有名なお城。それが松本城です。
戦国時代から幕末に至るまで多くの大名が入れ替わりました。本格的に城を整備したのは元徳川家康の側近だった「石川数正」と言われております。

石川数正は徳川家康から豊臣秀吉へ寝返りましたが、今もなお、その確固たる理由はわかっておりません。
しかし、一般的に広く言われている理由の一つとして、徳川・豊臣両家の「調整役」を務めていた数正が徐々に秀吉の偉大さ、軍事・内政面の強大さを肌身にしみて、徳川家の恭順という考えに傾いて行ったことがあげられております。

当然徳川家家臣の間では冷たい目で見られ、だんだんと孤立を深めていったというのです。
その隙を見逃さず、すかさず突いて来たのが「人たらし」と言われた秀吉の手腕の一つであろうか。

なお、秀吉の元へ出奔してからは河内国内で8万石を拝領し、その後の小田原征伐のあとに松本城10万石を拝領した。石川家は二代当主「康長」の時に「大久保長安事件」に連座したという罪で改易され、弟の「康勝」「康次」も同様に改易となった。

ここに数正の系統の石川氏は滅亡となる。一説によると数正の嫡男「康長」と次男「康勝」は、大坂の陣にて豊臣方として大坂城へ入城し最後は戦死したとも伝えられている。






※写真は豊臣秀吉から石川数正が与えられた松本城

【松本城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る