堀江藩/大沢家1万石:大沢基寿 明治維新のどさくさに紛れて諸侯に列した高家出身の堀江藩【幕末維新写真館】

堀江藩/場所・アクセス・地図 大沢家1万石:大沢基寿 明治維新のどさくさに紛れて諸侯に列した高家出身の堀江藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
堀江藩

【説明】
幕末から明治維新の頃の当主である第20代「大沢基寿」は、和宮親子内親王降嫁に際してはその付添役を務め、「徳川慶喜」の「大政奉還」ではその旨を朝廷に伝奏する重責をになう。さらに新政府軍の東征に際してその案内役を務めたことにより、新政府から従来どおりの堀江領3550石の知行を安堵される。

堀江藩/場所・アクセス・地図 大沢家1万石:大沢基寿 明治維新のどさくさに紛れて諸侯に列した高家出身の堀江藩【幕末維新写真館】

明治元年(1868年)8月に新政府に対して行った検地報告で、堀江領は実高5485石に過ぎなかったが、基寿は浜名湖の湖面の一部を「開墾予定地」として架空の新田内高4521石を計上し、都合1万6石という虚偽の報告を行なった。当時新政府樹立で混乱と極めた新政権はこの報告の裏付けもとらずに額面通りに受理した結果、堀江領は万石を知行する諸侯に列し、堀江藩藩主として認められることになる。

そして翌明治2年(1869年)の「版籍奉還」により堀江藩知事となり、華族の身分を得ることに成功する。明治4年(1871年)の「廃藩置県」で堀江県が置かれると基寿は堀江県知事に任じられた。この廃藩置県当時現在の静岡県内に存在したのは、韮山県(伊豆国)・静岡県(駿河国と遠江国)と、この堀江県の3県だけだった。

堀江藩/場所・アクセス・地図 大沢家1万石:大沢基寿 明治維新のどさくさに紛れて諸侯に列した高家出身の堀江藩【幕末維新写真館】

その後、表高3550石の高家にすぎない大沢家の1万6石への石直しはあまりにも不明確な部分が多かったため、新政府が再調査したところ虚偽が露見する。同年11月、基寿は士族へ落としたうえ禁錮1年、実際の虚偽申告を行った家臣5名は平民へ落としたうえ禁錮1年半という処罰が下る。また堀江県は浜松県に合併され、堀江県は消滅した。

明治維新のどさくさの混乱期に生じた珍事の一つといっても過言ではない。

【場所・アクセス・地図】








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 金沢城:前田利家・前田利長の居城加賀100万石 日本三大庭園兼六園で有名な金沢城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 荒砥城:村上義清の一族で葛尾城の支城 山田国政の居城 荒砥城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 勝瑞城:阿波三好氏の重要な拠点で三好実休が細川持隆から奪取した勝瑞城 【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る