品川省吾 宛の手紙【坂本龍馬の手紙】

品川省吾 宛 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳

※この史跡はまだ評価がありません※

品川省吾 宛

原文
谷氏(高杉晋作の変名)の手紙を持って私を訪ねて下さい。さぞかし用事があると推察しますので、今から夕方まで乙丑丸(ユニオン号)で待たせてもらいますね。16日龍馬報国隊宛(長府藩報国隊)品川様(長府藩士品川省吾)八ツ半頃(15時頃)には必ず船に乗るつもりでお願いします。
現代文
谷氏の書状御取持ニて私を御頼被遣候よし、定而御用事可有之と奉拝察、今より夕方かけ乙丑丸ニ御待申候間、何卒御来光奉願候。頓首々。十六日龍報国隊中品川様坂本龍馬八ツ半頃ニハ必、船にのり候よふ御心積可然候。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る