小曽根 英四郎【長崎の豪商で海援隊士 幕末亀山社中】

小曽根 英四郎【長崎の豪商で海援隊士 幕末亀山社中】


小曽根 英四郎
出身 長崎の豪商
職名






小曽根英四郎は、幕末時代に活躍した長崎の豪商で海援隊の支援者でもあり隊員の一員でもある。
長崎の豪商小曽根六左衛門の四男として生まれる。長兄は小曽根乾堂である。

1866年に坂本龍馬と楢崎龍は長崎へ到着した後に出会い、楢崎龍は英四郎のあう別邸に預けられ、ピストルの稽古を教わった。
1867年に龍馬と交友を持ち当邸宅に土佐海援隊を設置し支援を行い、大洲藩からチャーターした蒸気船「いろは丸」の会計官として担当した。晩年は生涯独身として貫き1890年に51歳の生涯を終えた。

小曽根 英四郎【長崎の豪商で海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る