瓜生震【越前藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

瓜生震【越前藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

※この史跡はまだ評価がありません※

瓜生震
出身 越前藩
職名






瓜生震は嘉永6年生まれの越前藩出身の海援隊士。
明治大正期の実業家。三菱財閥の経営者。越前国(福井県)の多部五郎左衛門の3男で分家して瓜生を名乗る。

長崎へ留学し坂本竜馬の海援隊を助ける。維新後は岩倉遣外使節団に随行して3年間外国に留まり帰国。鉄道寮を経て後藤象二郎の高島炭坑売炭課長、明治14(1881)年4月1日同坑の三菱譲渡後は引き続き高島炭坑長崎事務所支配人、三菱合資本社副支配人、営業部長。

41年大日本製糖の整理強化に当たる。高島炭坑時代の克明な『事務日誌』執筆にみられるように語学を生かした渉外で「三菱における唯一の事務家」といわれた。

輔仁会にも名を連ねた。
大正9年没。

瓜生震【越前藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る