中村 官兵衛【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

中村 官兵衛【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

※この史跡はまだ評価がありません※

中村 官兵衛
出身 土佐藩
職名






中村官兵衛は土佐藩出身の新海援隊士。
龍馬が殺害された後、塩飽本島の小坂部落で「人名」と称する人達と、「問人」と呼ばれる人々の間に争闘が発生します。慶応4年(1868)1月には小坂浦全戸が焼かれ、村人18人が死亡し、400余人が人名側によって監禁される事態となりました。

従来から瀬戸内海の塩飽諸島には、豊臣時代から続いている特権を与えられた水主の「人名」と、権利を与えられず差別された小坂浦の「問人」と呼ばれる村人との間に、争闘がありました。

小阪騒動が発生し、この騒動を、高松藩朝敵事件討伐にきていた土佐藩士の知るところとなりました。そこで海援隊士は焼け野原となった小坂浦の近くに、「土佐小屋」と云う仮設住宅を作り、救助米を与えます。

その海援隊士らによる善政に対して「今日に至るまで御神徳を追慕して止まず、特に我が小坂に取ってはは命の親、部落の神様なりとて、一同打ち寄りて、永久土地の守護神として、報恩反始の精神より、山の神の社殿に合祀して土佐藩海援隊の方にてありければ・・・」(『八島神社誌』)に記されているように、隊士13名を生き神様として祀るため「十三(土佐)神社」(のちに重三神社となる)を建立します。
その恩人13名を小阪島民は末代まで祀り建立します。

この時の土佐藩士が、八木彦三郎、長岡謙吉、石田英吉、島村小右衛、橋詰啓太郎、武田保輔、中村官兵衛、島田源八郎等が主だった顔ぶれでした。

以後の中村官兵衛の消息は不明です。

中村 官兵衛【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 金沢城:前田利家・前田利長の居城加賀100万石 日本三大庭園兼六園で有名な金沢城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 荒砥城:村上義清の一族で葛尾城の支城 山田国政の居城 荒砥城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 勝瑞城:阿波三好氏の重要な拠点で三好実休が細川持隆から奪取した勝瑞城 【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る