坂本 清次郎(三好 清明)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

坂本 清次郎(三好 清明)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】

※この史跡はまだ評価がありません※

坂本 清次郎(三好 清明)
出身 土佐藩
職名






坂本清次郎は幕末期の土佐藩出身の海援隊士で、明治期の自由民権運動家。
本名は鎌田清次郎で、明治期に三好賜・三好清明と改名した。

天保12年(1842年)土佐藩陪臣鎌田実清と坂本幸の母・久の姉妹の井上好春の娘の二男として生まれる。
文久3年(1863年)12歳で幸の息子の土佐藩郷士・坂本権平の娘・春猪と結婚して権平の養子となる。
この頃、五十人組に参加した経歴がある。

元治元年(1864年)に長女・鶴井、慶応元年(1865年)次女・兎美を産まれるが、慶応3年(1867年)に脱藩して叔父の坂本龍馬の海援隊に参加。妻子を残して脱藩した清次郎に対しての龍馬の評価は著しく、龍馬の姉の乙女の手紙には「何も思惑のない人」と書いている。龍馬は坂本家に迷惑がおよばないよう、後藤象二郎に相談したり、土佐へ帰国するよう促すなどしている。

明治3年(1870年)土佐へ帰国するが、脱藩罪を問われ禁足にあう。赦免後、実家の兄・鎌田儀蔵が病死していたことから坂本家を離れ、鎌田家を継いた。

以後、自由民権運動に参加したり、三好賜(後に清明)と改名したりする。また、その後はさらに長男・譲、坂本直寛の妻となる長女・亀代をもうける。鎌田家を継いだ後も娘婿の坂本直寛宅に同居していたが、明治23年(1890年)広島市へ移住。
その地で明治36年(1903年)に死去した。

坂本 清次郎(三好 清明)【土佐藩出身 海援隊士 幕末亀山社中】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る