水ヶ江城:九州の覇権を争った龍造寺隆信の居城 水ヶ江城【お城特集 日本の歴史】

水ヶ江城/アクセス・場所・地図 九州の覇権を争った龍造寺隆信の居城 水ヶ江城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
水ヶ江城

【水ヶ江城の説明】
水ヶ江城は佐賀県佐賀市中の館町にあった平城である。
文明年間に「龍造寺康家」によって築城されたと伝えられている。

水ヶ江城/アクセス・場所・地図 九州の覇権を争った龍造寺隆信の居城 水ヶ江城【お城特集 日本の歴史】

当初の規模は館程度のものであったが、龍造寺家兼が改修を加え城塞化した。平城ということもあり、それを補うために濠を設けた。龍造寺隆信が龍造寺本家の当主となると、弟の「龍造寺長信」を城主として守らせた。

その後、隆信が「沖田畷の戦い」で島津氏に敗れ戦死すると、鍋島直茂が隆信の旧領を引き継ぎ実質的支配者となり実験を握っていく。天正13年(1585年)に水ヶ江城の改修を計画し、新たに「佐賀城」を築城したため水ヶ江城は廃城となる。

水ヶ江城/アクセス・場所・地図 九州の覇権を争った龍造寺隆信の居城 水ヶ江城【お城特集 日本の歴史】

現在は「東館跡の公園」に「龍造寺隆信の生誕の石碑」があるだけで、水ヶ江城の遺構はほとんど残っていない。






【水ヶ江城・所在地・アクセス】
佐賀県佐賀市中の館町7-15

【水ヶ江城マップ】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事