山中城:豊臣秀次の大軍を前に北条氏勝が籠城した末に落城 山中城【お城特集 日本の歴史】

山中城/アクセス・場所・地図 豊臣秀次の大軍を前に北条氏勝が籠城した末に落城 山中城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
山中城

【山中城の説明】
山中城は静岡県三島市山中新田にあった山城である。
北条氏康が当主の時に築城され、本城小田原城を防衛する西の最も重要な拠点だった。

山中城/アクセス・場所・地図 豊臣秀次の大軍を前に北条氏勝が籠城した末に落城 山中城【お城特集 日本の歴史】

氏康の死後「北条氏政」が跡を継ぐと、すでに天下を掌握しつつある豊臣秀吉との間が悪化。氏政は山中城の大改修を命じ、すぐさま改修作業が始まった。

しかし、天正18年(1590年)、秀吉が「小田原征伐」の軍を発すると山中城の改修は間に合わず、結局未完成のまま豊臣軍を迎え撃つことになる。

山中城/アクセス・場所・地図 豊臣秀次の大軍を前に北条氏勝が籠城した末に落城 山中城【お城特集 日本の歴史】

攻撃側は秀吉の甥「豊臣秀次」率いる7万の軍勢で山中城全体を包囲した。一方、守城側は北条一門の「北条氏勝」を筆頭に「松田康長」「間宮康俊」ら3千の軍勢が守備にあたった。

山中城/アクセス・場所・地図 豊臣秀次の大軍を前に北条氏勝が籠城した末に落城 山中城【お城特集 日本の歴史】

攻城戦は混戦を極め、守備側も「間宮康俊」の奮戦により秀吉直臣の大名「一柳直末」を討ち取るなど多くの損害を与えた。しかし、戦力差は次第に表面化し、籠城軍は劣勢に立たされ「間宮康俊」は主将である「北条氏勝」を撤退させて自らは城に残り討死した。

山中城/アクセス・場所・地図 豊臣秀次の大軍を前に北条氏勝が籠城した末に落城 山中城【お城特集 日本の歴史】

結局、豊臣軍の猛烈な攻撃により城は半日で落城し、双方多くの死傷者をだした。なお、山中城はこの落城を期に廃城となっている。現在の城跡は「山中城址公園」として整備され、曲輪・堀・土塁などの遺構が残されており、日本100名城にも認定されている。






【山中城・場所・アクセス】
〒411-0011 静岡県三島市山中新田

【山中城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る