大分府内城:大友宗麟のお城で関ヶ原の戦い後竹中半兵衛の従弟竹中重利が入封 大分府内城【お城特集 日本の歴史】


【城名】
大分府内城

【城の説明】
大分府内城は現在の大分県大分市にあった城である。すぐ近くには豊後国守護職の大友氏館なども存在した。しかし、戦国時代になり島津氏が九州全土の制覇を目指して侵略してくるにあたり、時の当主大友宗麟は大友館を捨て、避難している。

大分府内城:大友宗麟のお城で関ヶ原の戦い後竹中半兵衛の従弟竹中重利が入封 大分府内城【お城特集 日本の歴史】

その後豊臣秀吉による九州征伐により新たに「福原直高」が府内12万石にて入封し大分湾に隣接する海際に府内城を築城する。慶長5年(1600年)「徳川家康」率いる東軍と「石田三成」の西軍との間で関ヶ原の戦いが勃発すると、西軍に与した福原氏は改易されてしまい、変わって「竹中重利(竹中半兵衛の従弟)」が3万5千石で入封した。

大分府内城:大友宗麟のお城で関ヶ原の戦い後竹中半兵衛の従弟竹中重利が入封 大分府内城【お城特集 日本の歴史】

大分府内城:大友宗麟のお城で関ヶ原の戦い後竹中半兵衛の従弟竹中重利が入封 大分府内城【お城特集 日本の歴史】

竹中氏が城主の時に府内城は大きな改修を行っている。城は海側から本丸・二の丸・山里丸・三の丸という構造で造られ、それぞれの櫓は一つの橋で繋がっていた。現存する宗門櫓・人質櫓の他、隅櫓・西南隅櫓・廊下橋は再建された。大分府内城は日本100名城94番に選定されている。






【大分府内城・場所・アクセス】
大分県大分市荷揚町4-1

【大分府内城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る