井上泰助【新撰組隊士 両長召抱人 幕末】

井上泰助【新撰組隊士 両長召抱人 幕末】
※この史跡はまだ評価がありません※

井上泰助
職名 両長召抱人
出身 武州日野
終焉場所 不明
終焉方法 病没






6番隊隊長井上源三郎の甥。
慶応3年に入隊。
鳥羽伏見の戦いで戦死した叔父の首を持っていこうとしたがその重さに断念し近くの寺の門前に埋めた。江戸帰還後は許しを得て離隊し、維新後は昭和2年までの長寿を得た。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る