山南敬助【新撰組隊士 副長 幕末】

山南敬助【新撰組隊士 総長 幕末】


山南 敬助
職名 副長
出身 奥州仙台
終焉場所 京都
終焉方法 切腹






江戸で近藤と立会い敗れ弟子になる。その後、新撰組結成に参加し土方と同等の副長となる。元治元年頃より体調を崩し池田屋事件には参加していない。いつしか隊の意義に不審を抱き、突如脱退し、追ってきた沖田に捕縛され屯所にて切腹する。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る