松原忠司【新撰組隊士 四番隊隊長 幕末】

松原忠司【新撰組隊士 四番隊隊長 幕末】

※この史跡はまだ評価がありません※

松原忠司
職名 四番隊隊長
出身 播州
終焉場所 京都
終焉方法 切腹






入隊前は大阪で柔道道場を開いていた。
その後新撰組の募集に参加し、4番隊隊長に任命される。
池田屋事件でも活躍するが女性関係で失態があり切腹をはかるが未遂に終わる。
その後傷が悪化して没する。「今弁慶」と呼ばれていた。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る