中津城:黒田官兵衛が豊臣秀吉から拝領し築城した中津城(福沢諭吉は中津藩士)【お城特集 日本の歴史】


※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
中津城

【城の説明】
中津城は豊前国中津にあった城である。黒田官兵衛孝高(黒田如水)が築城を開始し、細川忠興が完成させた。

この城は中津川河口の地に築城された梯郭式の平城であり、堀には海水が引き込まれているため、水城とも言われ「今治城」「高松城」と並ぶ日本三大水城の一つに数えられている。

天守の存在については不明である。江戸時代の絵図には天守は描かれていない一方、黒田孝高(如水)の手紙には「天守に銭を積んで蓄えた」とあり、天守の存在をうかがわせる記録もある。

中津城:黒田官兵衛が豊臣秀吉から拝領し築城した中津城(福沢諭吉は中津藩士)【お城特集 日本の歴史】

天正15年(1587年)黒田官兵衛(黒田如水)は、四国征伐や小田原征伐、九州征伐の戦功により豊臣秀吉から豊前国6郡12万3000石を与えられる。当初は馬ヶ岳城に入封した。その翌年、官兵衛は領地の中心地である山国川河口に「中津城」の築城を始める。

同年、熊本の一揆に手を焼いている「佐々成政」の後押しをするため一揆征伐に出陣するが、その留守を預かる嫡男の長政は、敵対していた領内の城井鎮房(宇都宮鎮房)を中津城内に引き入れて惨殺してしまう。

中津城:黒田官兵衛が豊臣秀吉から拝領し築城した中津城(福沢諭吉は中津藩士)【お城特集 日本の歴史】

慶長5年(1600年)には関ヶ原の戦いが勃発し、官兵衛は中津の留守を守り、嫡男の長政は東国へと出兵していき「関ヶ原の戦い」で戦功をあげている。一方、官兵衛は留守中に九州に残る西軍(石田三成方)を攻撃し九州北部の大部分を攻め取った。

黒田家は長政の戦功により筑前52万石に加増され、名島城に転封となり中津城の築城は中断されてしまう。中津城へは、同じく関ヶ原の戦いで東軍(徳川家康方)について戦功をあげた「細川忠興」が豊前国と豊後国を合わせた39万石で中津城へ入封し城の大修築を開始する。

中津城:黒田官兵衛が豊臣秀吉から拝領し築城した中津城(福沢諭吉は中津藩士)【お城特集 日本の歴史】

慶長7年(1602年)になると細川忠興は小倉城の築城に着手し、この城を主城とする。修築中の中津城の城主には弟の「細川興秋」を任命する。寛永9年(1632年)熊本の加藤家が改易になると、細川家の熊本転封が決まる。中津城には「小笠原長次」が8万石で入封し、ここに中津藩が成立する。

享保2年(1717年)には「奥平昌成」が10万石で入封し、その後明治維新まで奥平家の居城となった。現在の天守はコンクリート構造による模擬天守で、奥平家歴史資料館として一般公開されている。






【中津城・場所・アクセス】
〒871-0058 大分県中津市二ノ丁本丸

【中津城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る