阿坂城:織田信長家臣木下藤吉郎により落城 北畠家家臣 大宮入道含忍斎の居城 阿坂城【お城特集 日本の歴史】

阿坂城:織田信長家臣木下藤吉郎により落城 北畠家家臣 大宮入道含忍斎の居城 阿坂城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
阿坂城

【城の説明】
阿坂城(あざかじょう)は現在の三重県松阪市大阿坂町に存在した城である。

建武2年(1335年)に「北畠親房」が顕家・顕信・顕能の3人の息子を伴って伊勢国に入った時に南勢(伊勢南部)に築いた城のうちの1つが阿坂城であると言われている。

阿坂城:織田信長家臣木下藤吉郎により落城 北畠家家臣 大宮入道含忍斎の居城 阿坂城【お城特集 日本の歴史】

城跡は南郭と北郭からなり、南郭は白米城、北郭は椎之木城と呼称されていた。織田信長の伊勢攻略戦にて攻撃命令を受けた木下藤吉郎(豊臣秀吉)によって攻められ、落城した。阿坂城の落城により、北畠家の本拠ともいうべき「安濃津城」「大河内城」にも危機が迫ることになった。

事実、両城ともこの後ほどなく落城している。昭和57年(1982年)に阿坂城跡は国の史跡に指定されている。






【阿坂城・場所・アクセス】
三重県松阪市大阿坂町桝形山

【阿坂城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る