高松城:日本最大の海城 生駒親正・松平家が居城とした日本100名城 高松城【お城特集 日本の歴史】


【城名】
高松城

【高松城の説明】
高松城は、香川県高松市玉藻町にあった城である。別名「玉藻城」とも呼ばれ国の史跡に指定されている。豊臣秀吉の四国制圧の後、天正15年(1587年)讃岐の領主となった「生駒親正」によって「野原」と呼ばれた港町に築かれた。

天正15年(1587年)生駒親正が讃岐国17万6千石の大名に封ぜられ引田城に入城する。同じ年に親正は、引田城が手狭であった為、聖通寺城に移転する。天正16年(1588年)聖通寺城でも不便を感じ、香東郡篦原庄玉藻浦に高松城の築城を開始し天正18年(1590年)に完成する。

高松城:日本最大の海城 生駒親正・松平家が居城とした日本100名城 高松城【お城特集 日本の歴史】

寛永16年(1639年)生駒氏4代高俊の時に「生駒騒動」が勃発し出羽国矢島藩1万石に減封の上、転封となる。その後、水戸藩初代藩主「徳川頼房」の子の松平頼重が12万石で入封し、城の整備に着手する。

高松城:日本最大の海城 生駒親正・松平家が居城とした日本100名城 高松城【お城特集 日本の歴史】

現在見られる遺構は、江戸初期に常陸国から12万石で高松に移封された「松平頼重」によって改修されたものである。寛文9年(1669年)には小倉城を模した3層5階の天守が完成する。この頃、頼重が隠居し、隠居所として城の南西に「栗林公園」を造築する。近世城郭の海城としては、最大の城で本丸に建てられた天守は天守台よりも出張っており「唐造り」であった。

高松城:日本最大の海城 生駒親正・松平家が居城とした日本100名城 高松城【お城特集 日本の歴史】

高松城:日本最大の海城 生駒親正・松平家が居城とした日本100名城 高松城【お城特集 日本の歴史】

その後も高松城は松平氏が代々城主としておさまり、明治維新を迎えている。幕末の鳥羽伏見の戦いでは親藩大名のため、幕府軍につき朝敵とされてしまう。しかし、この後新政府側に恭順することに決し、城は土佐藩兵により無血開城された。

現在は、三重櫓や門など一部の建物と一部の石垣、堀が現存し、城跡は「玉藻公園」として整備されている。(日本100名城77番に選定されている)






【高松城・所在地・アクセス】
〒760-0030 香川県高松市玉藻町2-1

【高松城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る