内牧城:名門阿蘇氏の滅亡後加藤清正の所領となった内牧城【お城特集 日本の歴史】

内牧城/アクセス・場所・地図 名門阿蘇氏の滅亡後加藤清正の所領となった内牧城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
内牧城

【内牧城の説明】
内牧城は熊本県阿蘇市内牧にあった中世・近世の平城である。
築城時期は不明だが戦国時代には阿蘇氏の家臣「辺春盛道」が城主だったと伝わる。

内牧城/アクセス・場所・地図 名門阿蘇氏の滅亡後加藤清正の所領となった内牧城【お城特集 日本の歴史】

豊臣秀吉の九州平定後に「佐々成政」が肥後一国を領するが、領内を治められず一揆を暴発させた罪で失脚する。その後、秀吉子飼いの「加藤清正」が肥後半国を領すると「加藤可重・正方」親子が内牧城代に任命され黒川を天然の堀とした改修を行った。

内牧城/アクセス・場所・地図 名門阿蘇氏の滅亡後加藤清正の所領となった内牧城【お城特集 日本の歴史】

慶長17年(1612年)に加藤正方が「八代城」に移封されると、加藤正直が「岩尾城」から入城したが、元和2年(1616年)の一国一城令で内牧城は廃城となった。

内牧城/アクセス・場所・地図 名門阿蘇氏の滅亡後加藤清正の所領となった内牧城【お城特集 日本の歴史】

現在の内牧城跡は内牧温泉の一角となっており、公園としても整備されている。城の遺構はあまり残されていない。






【内牧城・所在地・アクセス】
〒869-2301 熊本県阿蘇市内牧267

【内牧城マップ】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る