明智城:斎藤義龍の攻撃により落城した明智光秀の故郷 明智城【お城特集 日本の歴史】

明智城/アクセス・場所・地図 斎藤義龍の攻撃により落城した明智光秀の故郷 明智城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
明智城

【明智城の説明】
明智城は岐阜県可児市瀬田長山にあった典型的な山城である。
康永元年(1342年)、美濃源氏の流れをくむ「土岐頼兼」がこの地に城を築き、明智と名乗ったとされている。

明智城/アクセス・場所・地図 斎藤義龍の攻撃により落城した明智光秀の故郷 明智城【お城特集 日本の歴史】

明智城/アクセス・場所・地図 斎藤義龍の攻撃により落城した明智光秀の故郷 明智城【お城特集 日本の歴史】

その後代々明智氏による統治がおこなわれてきたが、弘治2年(1556年)9月、稲葉山城主「斎藤義龍」の攻撃を受け「明智光安(光秀の叔父)」は兵870名と共に籠城する。しかし、義龍の軍勢は約3700の大軍でもあり徐々に要所を破られ籠城2日目にして落城した。

明智城/アクセス・場所・地図 斎藤義龍の攻撃により落城した明智光秀の故郷 明智城【お城特集 日本の歴史】

明智城/アクセス・場所・地図 斎藤義龍の攻撃により落城した明智光秀の故郷 明智城【お城特集 日本の歴史】

光安は自刃する前に、甥の「明智光秀」に明智家再興を託してひそかに落とした。義龍の父「斎藤道三」の後妻が明智家の出であり、その関係上明智家では道三方に味方をしていたために攻撃を受けた。(当時、道三・義龍親子は争っていた)

明智城/アクセス・場所・地図 斎藤義龍の攻撃により落城した明智光秀の故郷 明智城【お城特集 日本の歴史】

なお、明智城はこの時の戦で廃城となり二度と再築されることはなかった。城の遺構は本丸跡や曲輪・土塁などが比較的綺麗に残っている。






【明智城・所在地・アクセス】
〒509-0223 岐阜県可児市羽生ケ丘5-68

【明智城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る