秋月城(古処山城):秀吉の九州平定により廃城とされ 戦後黒田長興が5万石で陣屋を構えた秋月城【お城特集 日本の歴史】

秋月城(古処山城)/アクセス・場所・地図 秀吉の九州平定により廃城とされ 戦後黒田長興が5万石で陣屋を構えた秋月城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
秋月城(古処山城)

【秋月城(古処山城)の説明】
秋月城(古処山城)は福岡県朝倉市野鳥にあった秋月氏の城である。
建仁3年(1203年)、秋月種雄が「古処山城」を築城したことに始まり古処山城の麓に造られたのが秋月氏の館(秋月城)である。

秋月城(古処山城)/アクセス・場所・地図 秀吉の九州平定により廃城とされ 戦後黒田長興が5万石で陣屋を構えた秋月城【お城特集 日本の歴史】

平時は館で過ごし、いざ戦になると山頂の古処山城へ籠って戦ったと考えられる。1557年(弘治3年)、古処山城は「大友宗麟」の猛攻により陥落し、城主「秋月文種」は自害し、次男「秋月種実」は毛利元就のもとへ落ち延びた。

その後は、宗麟の居城となっていたが「秋月種実」は城を取り戻し、徐々に勢力を拡大し36万石を領する大名となり秋月氏の最盛期を迎える。天正14年(1586年)、豊臣秀吉による九州制圧戦が始まると当時「島津氏」に従っていた種実は徹底抗戦を試みる。

秋月城(古処山城)/アクセス・場所・地図 秀吉の九州平定により廃城とされ 戦後黒田長興が5万石で陣屋を構えた秋月城【お城特集 日本の歴史】

しかし、圧倒的な軍事力の豊臣軍の前に歯が立たず、秘蔵の名器と娘を人質として秀吉へ差し出し全面降伏した。種実は助命されたが大幅に減封され「高鍋城」3万石だけを与えられた。なお、古処山城はこの戦の後に廃城にされている。

同時に古処山城の山麓の「秋月城」も廃城とされていたが、寛永元年(1624年)、福岡藩主「黒田長政」の三男「黒田長興」が2代藩主「忠之」より5万石を分封され、秀吉の九州征伐以降廃城となっていた「秋月城」を大幅に改修し「秋月陣屋」を築いた。

秋月城(古処山城)/アクセス・場所・地図 秀吉の九州平定により廃城とされ 戦後黒田長興が5万石で陣屋を構えた秋月城【お城特集 日本の歴史】

以後、黒田氏が12代にわたり明治維新までこの地を治めた。なお、秋月城跡は県の史跡に指定されており、長屋門・大手門・石垣・堀などの遺構が残っている。






【秋月城(古処山城)・所在地・アクセス】
〒838-0011 福岡県朝倉市秋月野鳥

【秋月城(古処山城)マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る