高水寺城(郡山城):斯波御所とまで称された斯波氏を南部信直が攻略 南部氏の支配下に置かれた高水寺城【お城特集 日本の歴史】

高水寺城(郡山城):斯波御所とまで称された斯波氏を南部信直が攻略 南部氏の支配下に置かれた高水寺城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
高水寺城(郡山城)

【高水寺城(郡山城)の説明】
高水寺城は別名「郡山城」と呼ばれ岩手県紫波郡紫波町にあった城である。
鎌倉時代後期・室町時代初期に「足利尊氏」が奥州管領として「斯波高経」の嫡男「斯波家長」を城主としたことに始まると言われている。

高水寺城(郡山城):斯波御所とまで称された斯波氏を南部信直が攻略 南部氏の支配下に置かれた高水寺城【お城特集 日本の歴史】

戦国時代に入ると城を本格的に改築しその防備を強めていった。斯波氏最盛期には「斯波御所」と称されていた。
天正16年(1588年)、南部信直が斯波氏への侵攻を開始しついに斯波氏は滅亡する。

高水寺城(郡山城):斯波御所とまで称された斯波氏を南部信直が攻略 南部氏の支配下に置かれた高水寺城【お城特集 日本の歴史】

その後、南部家の城代として「中野康実」が入封し高水寺城を郡山城と改名した。
同時期に、南部信直は本拠地を不来方(盛岡)に築きここを中心に南部領内を治めることにし、郡山城も廃城となった。
現在は「紫波町立城山公園」として整備されている。






【高水寺城(郡山城)・所在地・アクセス】
〒028-3304 岩手県紫波郡紫波町二日町字古舘

【高水寺城(郡山城)マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る