万喜城(万木城):里見義堯に攻撃されるも落とされなかった土岐為頼の居城 万喜城【お城特集 日本の歴史】

万喜城(万木城):里見義堯に攻撃されるも落とされなかった土岐為頼の居城 万喜城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
万喜城(万木城)

【万喜城の説明】
万喜城は現在の千葉県いすみ市万木にあった山城で、読み方は「まんぎじょう」と読み「万木城」と書くこともある。
戦国時代の城主は「土岐為頼」でこの頃の土岐氏は安房の「里見義堯」と姻戚関係にあった。

しかし、為頼は永禄6年(1563年)に勃発した北条氏康との国府台合戦に里見氏が敗れると次第に距離をおき、北条氏康に与するようになる。

万喜城(万木城):里見義堯に攻撃されるも落とされなかった土岐為頼の居城 万喜城【お城特集 日本の歴史】

義堯は里見家の総力を挙げて万喜城を攻めたが城を攻め落とすことは出来なかった。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉が小田原城の北条攻めを開始すると為頼は北条氏に味方した。

万喜城(万木城):里見義堯に攻撃されるも落とされなかった土岐為頼の居城 万喜城【お城特集 日本の歴史】

北条氏は籠城戦の末、ついに降伏・開城し「北条氏政・氏照」兄弟は切腹して果てた。
一方北条氏に与した房総の諸氏は豊臣軍・徳川家康軍の房総掃討戦にて滅ぼされ、または改易とされた。

万喜城は徳川家康の重臣「本多忠勝」に攻められ土岐氏は滅亡する。
その後この地を拝領した忠勝が本拠地を大多喜城としたため、万喜城は廃城となった。

万喜城(万木城):里見義堯に攻撃されるも落とされなかった土岐為頼の居城 万喜城【お城特集 日本の歴史】

現在は万喜城跡公園として整備されている。

【万喜城・場所・アクセス】
千葉県いすみ市万喜字城山(万喜城跡公園)






【万喜城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る