小浜城(安房):万喜城の支城として土岐頼定が築かせた安房小浜城【お城特集 日本の歴史】

小浜城(安房):万喜城の支城として土岐頼定が築かせた安房小浜城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
小浜城(安房)

【小浜城の説明】
安房小浜城は千葉県いすみ市大原にあった城である。
八幡岬の崖にそびえたつ城で「土岐頼定」の重臣「鑓田美濃守勝定」が築城し城主となっていた。

万喜城の土岐氏は里見家に従っていたが相模の北条氏が勢力を拡大すると次第に北条氏へ近づいていった。
しかし、鑓田美濃守は里見氏に従い続け「里見義康」が海を渡り北条氏の領地である相模の三浦を攻めていると、その隙に北条方に寝返っていた元里見家重臣の「正木頼忠(勝浦城主)」に小浜城は攻め取られてしまう。

小浜城(安房):万喜城の支城として土岐頼定が築かせた安房小浜城【お城特集 日本の歴史】

これを知った鑓田美濃守はすぐさま小浜城へ取って返し城を奪い返している。
正木頼忠は再び里見家に臣従し大多喜城の正木本家と共に里見家を支え続けた。

豊臣秀吉の北条征伐が開始されると里見義康もこれに従ったが、その際秀吉の命とは別に独自の行動をとったということで上総の領地を没収されてしまう。
一方、里見家が何度攻撃しても落とせなかった万喜城の「土岐頼定」は北条氏政・氏照に味方したことで領地を没収され改易されている。

北条征伐が終わり北条家の領地が徳川家康に与えられると大多喜城には「本多忠勝」が城主となり、房総掃討戦を開始する。
その過程で安房小浜城も攻め落とされ城は廃城となった。

小浜城(安房):万喜城の支城として土岐頼定が築かせた安房小浜城【お城特集 日本の歴史】

現在、本丸跡には八幡神社が祀られている。

【小浜城(安房)・場所・アクセス】
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10439






【小浜城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る