御着城:黒田官兵衛の主君小寺政職の居城御着城(2014年大河ドラマ) 【お城特集 日本の歴史】

御着城:黒田官兵衛の主君小寺政職の居城御着城(2014年大河ドラマ) 【お城特集 日本の歴史】

【城名】
御着城

【説明】
その小寺氏が居城とした御着城は、茶臼山城、天川城とも呼ばれ、現在は姫路駅からJR山陽本線で一駅の御着駅から徒歩10分ほどのところに位置しています。小寺氏の前は赤松氏が守護所として使っていたとされています。

御着城:黒田官兵衛の主君小寺政職の居城御着城(2014年大河ドラマ) 【お城特集 日本の歴史】

現在、遺構はほとんど残っていませんが、公園として整備され、黒田官兵衛の顕彰碑や黒田家廟所があります。

※黒田官兵衛の顕彰碑
御着城:黒田官兵衛の主君小寺政職の居城御着城(2014年大河ドラマ) 【お城特集 日本の歴史】

御着駅から御着城へ向かう道すがら、住宅地を通ると大きなお屋敷がいくつもあり、御着城周辺に武家屋敷が建ち並んでいた様子が容易に想像できます。






【所在地・アクセス】
〒671-0232 兵庫県姫路市御国野町御着

【城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る