小山城(吉田):馬場信春により改修され大熊朝秀が城主を務めた武田家の居城 小山城【お城特集 日本の歴史】

小山城/アクセス・場所・地図 馬場信春により改修され大熊朝秀が城主を務めた武田家の居城 小山城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
小山城(吉田)

【小山城(吉田)の説明】
小山城は現在の静岡県榛原郡にあった今川家の城である。今川氏真が当主の頃、武田信玄と徳川家康に攻められて今川家は没落する。そしてこの地は武田氏の領地となり小山城は改修され、遠江の重要な拠点となった。改修者は「馬場信春」と言われており、城主には「大熊朝秀」が配された。

小山城:馬場信春により改修され大熊朝秀が城主を務めた武田家の居城 小山城【お城特集 日本の歴史】

しかし、武田家は天正10年(1582年)織田・徳川・北条の三家による同時侵攻により滅亡してしまう。この時小山城は落城し徳川家の城となった。現在は能満寺山公園として整備され、三の丸跡には模擬天守(展望台小山城)が建てられている。






【小山城(吉田)・場所・アクセス】
421-0303 静岡県榛原郡吉田町片岡2519-1

【小山城(吉田)地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る