織田信長が好んで謡った敦盛の一節その内容とは? 【日本の歴史ブログ】

清州古城跡にある信長像

■ 日本の歴史ブログ
織田信長が好んで謡った敦盛の一節その内容とは?

「信長公記」より信長が好んで謡い・舞ったと言われている「人間五十年~」という行(くだり)をご紹介。
信長が好んだと言われている「敦盛」は聞いたことがあるが内容までは・・という方も多いのではないでしょうか。

◎ 信長公記より
此時、信長敦盛の舞を遊ばし候。人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか、と候て、螺ふけ、具足よこせと仰せられ、御物具召され、たちながら御食をまいり、御甲めし候ひて御出陣なさる。

◎ その意味は
人間がどのような一生を送ろうと、それはほんの五十年くらいの短い間に過ぎない、一度この世に生まれて死なずにすむ者のいるはずもない。
と概ねこのような内容となります。

この詩を耳にした方は多いかと思いますが、その内容までは、という方も多いのではないでしょうか。

出典:信長公記より

※写真は清州古城跡にある織田信長像






【清州城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る