三次藩(広島藩支藩)/浅野家5万石:浅野長寔 幼年で没したため継嗣断絶し廃藩【幕末維新写真館】

三次藩(広島藩支藩)/場所・アクセス・地図 浅野家5万石:浅野長寔 幼年で没したため継嗣断絶し廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
三次藩(広島藩支藩)

【説明】
三次藩は、江戸時代中期まで備後北部を領有した藩である。藩庁として三次に「三次城」が置かれ、知行高は5万石。寛永9年(1632年)、初代広島藩主「浅野長晟」の庶子で長男の「長治」が三次郡・恵蘇郡を与えられ立藩した。

享保4年(1719年)4月、4代「長経」が13歳で没したため広島藩領となったが、同年11月、長経の弟「長寔」に相続が認められた。しかし、長寔も翌年、享保5年(1720年)10歳で没したため廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る