三日月藩/森家1万5千石:森俊滋 戊辰戦争では新政府軍として東北遠征にまで参戦した三日月藩【幕末維新写真館】

三日月藩/場所・アクセス・地図 森家1万5千石:森俊滋 戊辰戦争では新政府軍として東北遠征にまで参戦した三日月藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
三日月藩

【説明】
元禄10年(1697年)、宗家の美作国津山藩「森家」の改易にともない、津山新田藩主「森長俊」が同じ石高の1万5千石を与えられ三日月藩を立藩した。佐用郡・揖西郡・宍粟郡内の一部を領有し、明治維新までこの地を統治した。中でも5代藩主「快温」は寛政7年(1759年)私財を投じて藩校「廣業館」を開いた。

慶応4年(1868年)1月18日、新政府の要請に応じて上洛し、新政府支持の姿勢を示す。そして同年2月4日、新政府から二条城の守備を命じられる。また、戊辰戦争が勃発すると新政府軍として東北遠征に参戦している。

明治4年(1871年)廃藩置県により三日月県となる。姫路県・飾磨県を経て兵庫県に編入された。藩主家は明治2年(1869年)華族に列し明治17年(1884年)子爵となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る