浜松藩/井上家6万石:井上正直 徳川家達が駿府70万石で移封となり上総鶴舞藩へ替地を賜った浜松藩【幕末維新写真館】

浜松藩/場所・アクセス・地図 井上家6万石:井上正直 徳川家達が駿府70万石で移封となり上総鶴舞藩へ替地を賜った浜松藩【幕末維新写真館】

【藩名】
浜松藩

【説明】
天保5年(1834年)、「水野忠邦」は老中となったことから1万石の加増を受けて浜松7万石の大名となる。しかし、「天保の改革」に失敗したことから弘化2年(1845年)9月に2万石を減封され、家督を子の「水野忠精」に譲り隠居の上、さらに蟄居に処された。そして、11月には出羽山形藩に移封となる。

浜松藩/場所・アクセス・地図 井上家6万石:井上正直 徳川家達が駿府70万石で移封となり上総鶴舞藩へ替地を賜った浜松藩【幕末維新写真館】

その後、「井上正春」が上野館林藩から6万石で入封する。明治元年(1868年)9月、第2代藩主「井上正直」は「徳川家達」が駿河・遠江・三河70万石にて駿府藩主になったことから、上総鶴舞藩に移封され浜松藩は廃藩となった。

浜松藩/場所・アクセス・地図 井上家6万石:井上正直 徳川家達が駿府70万石で移封となり上総鶴舞藩へ替地を賜った浜松藩【幕末維新写真館】

浜松藩領はその後、駿府藩の支配を経て静岡県に編入された。他に井上氏の支藩が下総高岡藩と常陸下妻藩があり、どちらも「廃藩置県」まで存続している。

浜松藩/場所・アクセス・地図 井上家6万石:井上正直 徳川家達が駿府70万石で移封となり上総鶴舞藩へ替地を賜った浜松藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お城プラモデル通販

お城プラモデル通販【信城堂】

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。

– PR –

ページ上部へ戻る