柿岡藩/稲葉家1万石:稲葉正勝 真岡藩に吸収されたため廃藩【幕末維新写真館】

柿岡藩/場所・アクセス・地図 稲葉家1万石:稲葉正勝 真岡藩に吸収されたため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
柿岡藩

【説明】
寛永元年(1624年)、常陸国新治郡柿岡をはじめ、上野国や下野国において5000石の知行を領していた「稲葉正勝」は、常陸国真壁郡にも5000石を加増されて1万石の大名となり、柿岡藩が立藩した。正勝の父は「小早川秀秋」に仕えた家老「稲葉正成」である。正勝は将軍「徳川家光」に仕えていたことから次第に加増を受けていった。

寛永5年(1628年)正成が死去すると、正勝は家督と父の所領であった下野国「真岡藩」を継ぎ真岡に移ったため、柿岡藩は廃藩となり所領は真岡藩に組み込まれた。

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お城プラモデル通販

お城プラモデル通販【信城堂】

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。

– PR –

ページ上部へ戻る