伊東甲子太郎【新撰組隊士 参謀 幕末】

伊東甲子太郎【新撰組隊士 参謀 幕末】


伊東甲子太郎
職名 参謀
出身 常陸
終焉場所 京都油小路
終焉方法 暗殺






北辰一刀流伊東道場に入門しその門を継ぐ文武両道の人物。その後藤堂平助を会して門人約15人を引き連れて新撰組に入隊し参謀となる。新撰組の勤皇化を目指したがうまくいかず、後に脱退して御陵衛士を結成する。それを良しとしない近藤一派の騙まし討ちあい京都油小路にて惨殺される。養子端麗文武離両道の人物だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る