橋本 久太夫【越後出身 海援隊士 幕末亀山社中】

橋本 久太夫【海援隊士 幕末亀山社中】


橋本 久太夫
出身 越後
職名






橋本 久太夫は、越後出身の海援隊隊士。

元は江戸幕府の軍艦船員であったが、同僚と喧嘩をして出奔し、その際に坂本龍馬に助けられた。
以降、龍馬とともに亀山社中に属し、桜島丸の水夫頭を勤めた。慶応2年(1866年)大洲藩のいろは丸運用方として派遣されている。

慶応3年(1867年)、イギリス人殺傷事件で他の隊士とともに疑われたが、疑いを晴らすことに成功している。維新後は東京府に住んだ。大酒飲みであったが、航海術に優れていた。また大坂と長崎から妻を取ったが、竜馬の妻・お龍に一人にするように諭され、長崎の妻に帰路の金を渡して去らせたという。(生没年不詳)

※写真がない隊士は幕末に関連する画像を差し込んであります。
橋本 久太夫【海援隊士 幕末亀山社中】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る