新見錦【新撰組隊士 副長 幕末】

新見錦【新撰組隊士 幕末】

※写真がない場合は幕末に関連する写真や錦絵を表示


新見 錦
職名 副長
出身 水戸
終焉場所 京都
終焉方法 切腹






入隊前より芹沢らと交流。文久3年に浪士組に加わって上洛。その後芹沢らとともに新選組を結成し局長となる。しかし祖業が不良だったために途中で副長に降格された。芹沢派の力をそぐために祇園屋で近藤、土方らに切腹させられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る