鈴岡城:信濃守護小笠原家が3家に分裂した一つ鈴岡小笠原家の居城 鈴岡城【お城特集 日本の歴史】

鈴岡城/アクセス・場所・地図 信濃守護小笠原家が3家に分裂した一つ鈴岡小笠原家の居城 鈴岡城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
鈴岡城

【鈴岡城の説明】
鈴岡城はは長野県飯田市にあった小笠原氏の城である。
信濃守護の小笠原氏は文安3年(1446年)から惣領家の家督を巡って争い、深志小笠原家(宗家)、松尾小笠原家、鈴岡小笠原家の3家に分裂していた。

鈴岡城/アクセス・場所・地図 信濃守護小笠原家が3家に分裂した一つ鈴岡小笠原家の居城 鈴岡城【お城特集 日本の歴史】

文明12年(1480年)、松尾小笠原家の「小笠原家長」は伊那郡伊賀良荘の領地を巡って鈴岡小笠原家の「小笠原政秀」と争い戦死した。松尾小笠原家は家長の子「小笠原定基」が継ぎ、明応2年(1493年)に小笠原政秀を暗殺し、これにより鈴岡小笠原家は一時滅亡した。

鈴岡城/アクセス・場所・地図 信濃守護小笠原家が3家に分裂した一つ鈴岡小笠原家の居城 鈴岡城【お城特集 日本の歴史】

天文3年(1534年)には、松尾小笠原家の当主「小笠原貞忠」は深志小笠原家(惣領家)の「小笠原長棟」との戦に敗れて甲斐国へ逃れた。そして、貞忠は「武田信玄」の家臣となった。

鈴岡城/アクセス・場所・地図 信濃守護小笠原家が3家に分裂した一つ鈴岡小笠原家の居城 鈴岡城【お城特集 日本の歴史】

一方、鈴岡小笠原家は松尾・鈴岡一帯を治める為、深志小笠原家(惣領家)より「小笠原信定(小笠原長時の弟)」が送り込まれ鈴岡家を再興し松尾城を拠点としていた。

鈴岡城/アクセス・場所・地図 信濃守護小笠原家が3家に分裂した一つ鈴岡小笠原家の居城 鈴岡城【お城特集 日本の歴史】

天文23年(1554年)、信玄はついに信濃国の伊那侵攻を開始し、元松尾小笠原家の「小笠原信貴・小笠原信嶺」父子を信濃先方衆(先鋒)とし攻め込んだ。信貴・信嶺親子は信玄の期待にこたえ活躍し、旧領である「松尾城」を回復した。

鈴岡城/アクセス・場所・地図 信濃守護小笠原家が3家に分裂した一つ鈴岡小笠原家の居城 鈴岡城【お城特集 日本の歴史】

信定の兄「小笠原長時」も「塩尻峠の戦い」で武田信玄に敗れ、ここに信濃小笠原家は全て滅亡する。長時・信定兄弟はその後摂津芥川城の「三好長慶」を頼って落ち伸びたと伝えられている。






【鈴岡城・場所・アクセス】
〒399-2561 長野県飯田市駄科1709

【鈴岡城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る