茨木城:猛将中川清秀は賤ヶ岳の戦いで戦死 中川家が治めた茨木城【お城特集 日本の歴史】

茨木城:猛将中川清秀は賤ヶ岳の戦いで戦死 中川家が治めた茨木城【お城特集 日本の歴史】

2/5 (1)

【城名】
茨木城

【城の説明】
茨木城はもともとは茨木氏の城であったが、摂津の国で和田惟政と荒木村重・中川清秀との間で戦が勃発した際に戦いに敗れ「茨木重朝」は討ちとられてしまう。

その後、荒木村重が摂津の国を治めると茨木城は「中川清秀」が城主に任命された。
荒木村重が織田信長に従い摂津一国を拝領すると中川清秀もこれに従った。

茨木城:猛将中川清秀は賤ヶ岳の戦いで戦死 中川家が治めた茨木城【お城特集 日本の歴史】

天下人が羽柴秀吉(豊臣秀吉)にほぼ定まると元織田家重臣との間で後継者争いが始まり、清秀は絶えず秀吉側についた。
そして、柴田勝家と秀吉との間で勃発した賤ヶ岳の戦いでは壮絶な戦死をしてしまう。

中川家は「中川秀政」が後を継ぎ、数々の武功をあげて播磨国の三木城6万5000石を拝領する。
しばらく茨木城は秀吉の直轄地となっていたが関ヶ原の戦い後は「片桐且元」が徳川家康から城主に任命された。

茨木城:猛将中川清秀は賤ヶ岳の戦いで戦死 中川家が治めた茨木城【お城特集 日本の歴史】

大阪夏の陣にて豊臣家が滅びると時代は徳川家康の時代となり、その後一国一城令が発令されると茨木城は廃城となってしまう。
現在はその跡地に茨木城の形跡はあまり残っていない。

【茨木城・場所・アクセス】
〒567-0819 大阪府茨木市片桐町






【茨木城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る