明石藩/松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に恭順した明石藩【幕末維新写真館】

明石藩/場所・アクセス・地図 松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に恭順した明石藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
明石藩

【説明】
江戸時代播磨一国を支配する姫路藩は池田氏の所領であった。その後池田氏は岡山や鳥取へ移封となり、寛永10年(1633年)、松平(戸田)庸直が7万石で入封した。寛永16年(1639年)には「大久保忠職」が7万石で入封したが、慶安4年(1649年)に肥前国唐津藩へ転封となった。同年、丹波国篠山藩より松平(藤井)忠国が7万石で入封する。

明石藩/場所・アクセス・地図 松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に恭順した明石藩【幕末維新写真館】

そして嗣子「信之」の時代に弟「信重」に5千石を分与したため、所領は6万5千石となった。延宝7年(1679年)、信之は大和国郡山藩に転封となった。なお、信之は名君の誉れ高く新田開発を進めた。さらに信之は郡山転封後は老中となっている。変わって大和郡山から交代で「本多政利」が6万石で入封するが、過酷な政策を強いた罪により、天和2年(1682年)に陸奥国岩瀬藩1万石に減封の上、転封となった。

明石藩/場所・アクセス・地図 松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に恭順した明石藩【幕末維新写真館】

同年(天和2年)、越前国大野藩より「松平直明」が6万石にて入封し、やっと藩主家が定着した。8代藩主「斉宜」は11代将軍「徳川家斉」の二十五男で、この時2万石の加増を受け、8万石(10万石格)となった。しかし、将軍家の子息を迎えることで莫大な費用を要し、財政難に一層の拍車がかかった。幕末には御家門の立場上佐幕派となり、「鳥羽・伏見の戦い」でも幕府方として参戦した。

明石藩/場所・アクセス・地図 松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に恭順した明石藩【幕末維新写真館】

その後、ほどなく新政府軍に恭順して家名を存続させた。明治4年(1871年)、廃藩置県により明石県となり、姫路県・飾磨県を経て兵庫県に編入されている。

明石藩/場所・アクセス・地図 松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に恭順した明石藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る