佐野藩/堀田家1万3千石:堀田正頌 幕末時には新政府軍に武器を献上し恭順した佐野藩【幕末維新写真館】

佐野藩/場所・アクセス・地図 堀田家1万3千石:堀田正頌 幕末時には新政府軍に武器を献上し恭順した佐野藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
佐野藩

【説明】
唐沢山城を統治していた「佐野房綱」は豊臣秀吉に仕えていたが、ほどなく死去し、その跡を養子の「佐野信吉」が継いだ。しかし、信吉の代に佐野氏は徳川幕府より改易されてしまう。堅城を誇る唐沢山城を持つ佐野氏をどうにかして改易したかったものと考えられている。

佐野藩/場所・アクセス・地図 堀田家1万3千石:堀田正頌 幕末時には新政府軍に武器を献上し恭順した佐野藩【幕末維新写真館】

その後、佐野領は幕府直轄地(天領)となるが、5代将軍「徳川家綱」の時代に大老「堀田正俊」の三男「堀田正高」が、正俊の遺領から下野都賀郡、安蘇郡のうちの1万石をもって分家し、佐野に城地を定め佐野藩が再藩した。

しかし、正高は近江堅田へ移封され再び佐野藩は廃されて幕府領となった。正高から4代後の「堀田正敦」が再び近江堅田より佐野の地に戻されて佐野藩が再興し以後は堀田氏の支配で明治維新に至った。幕末時には慶応4年(1968年)4月4日、新政府軍に武器を献上しいち早く恭順したことで家名を保った。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る