印藤聿 宛

印藤聿 宛の手紙 坂本龍馬の手紙 原書と現代文翻訳

※この史跡はまだ評価がありません※

印藤聿 宛

原文
一筆啓上仕候。然ニ私十一月廿四日浪華出帆、同廿六夕上の関ニつき申候。夫より今日下の関ニ参り其ま〃御とゞけ申上候。いづれ拝顔の上万々。謹言十二月三日龍馬聿大兄足下印藤様直陰
現代文
一筆書かせて頂きます。私は11月24日に大阪を出港し、同26日夕方に上関(山口県)に着きました。今日は下関に来ていて、手紙を届けにきました。いずれまた会いましょう。12月3日龍馬印藤聿様へ(長府藩士)龍馬より

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る