仇討時の吉良上野介義央(きらこうずけのすけ)の屋敷跡は?【日本の歴史ブログ】

赤穂浪士仇討時の吉良上野介義央(きらこうずけのすけ)の屋敷跡は?【日本の歴史ブログ】

4/5 (1)

■ 日本の歴史ブログ
江戸中期に起きた仇討事件、吉良上野介義央(きらこうずけのすけ)の屋敷跡地は?

赤穂浪士の吉良邸討ち入りはあまりにも有名な話である。しかし、討ち入り当時の吉良家屋敷がどこにあったのかはあまり知られていない。「本所松坂町」とは良く聞くが、実際にはどこにあったのだろうか。

赤穂浪士仇討時の吉良上野介義央(きらこうずけのすけ)の屋敷跡は?【日本の歴史ブログ】

討ち入りは吉良家側もある程度予測していたらしく、屋敷は要塞化していたとも伝わる。そして「清水一学」など優れた剣客を臨時で数十人も雇っていた。こうして赤穂浪士47人による吉良邸討ち入りが実行された。

赤穂浪士仇討時の吉良上野介義央(きらこうずけのすけ)の屋敷跡は?【日本の歴史ブログ】

現在その場所は「本所松坂町公園」となっていて、吉良邸跡というよりは「公園」という位置づけが高い。当時の屋敷は広大だったようだが現在はその一角だけが吉良邸跡地として残されている。

赤穂浪士仇討時の吉良上野介義央(きらこうずけのすけ)の屋敷跡は?【日本の歴史ブログ】

これだけの大きな事件だったわりには、その現場となった吉良邸跡はあまりにも小さく、その面影はあまり残っていない。復元して欲しいという意見もあるようだが宅地化が進みそれも難しそうだ。

赤穂浪士仇討時の吉良上野介義央(きらこうずけのすけ)の屋敷跡は?【日本の歴史ブログ】

それでもその一角は「吉良邸跡」として残されているので一度見学に行ってはいかがでしょうか。

■ 赤穂浪士の領地赤穂藩(赤穂城)
http://www.jp-history.info/castle/947.html

■ 浅野内匠頭(浅野長矩)が眠る泉岳寺
http://www.jp-history.info/picture/585.html

【吉良邸跡・場所・アクセス】
〒130-0026 東京都墨田区両国3-13-9





【吉良邸跡(本所松坂公園)地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る