家里次郎【新撰組隊士 平隊士 幕末】

家里次郎【新撰組隊士 平隊士 幕末】
※この史跡はまだ評価がありません※

家里次郎
職名 平隊士
出身 伊予松坂
終焉場所 大阪
終焉方法 切腹






文久3年に浪士組の一員として上洛。
京都に残留するにあたって近藤、芹沢らと当初から考えが違っていた。
殿内が初めて新撰組内で暗殺されたのを知り京都を去り同士を求めて京坂付近を奔走。大阪付近で芹沢らと遭遇してしまい大阪常案橋会所にて切腹させられた。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る