沖田総司【新撰組隊士 一番隊隊長 幕末】

沖田総司【新撰組隊士 一番隊隊長 幕末】
※この史跡はまだ評価がありません※

沖田総司
職名 一番隊隊長
出身 江戸
終焉場所 江戸市ヶ谷
終焉方法 病没






10歳前後より天然理心流試衛館の門人となる。
19歳で免許皆伝となり剣客としての頭角を現す。
近藤勇は次期天然理心流5代目宗家に沖田を考えていたと言われている。

その後近藤、土方の結成した新撰組に参加し一番隊長となる。
池田屋事件に結核で倒れその後は治療に専念する。
鳥羽伏見の戦いにも参加できず、その後江戸に帰って市ヶ谷で病死した。

※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る