要害山城:武田信虎・信玄時代の躑躅ヶ崎館の詰城だった要害山城【お城特集 日本の歴史】

要害山城/アクセス・場所・地図 武田信虎・信玄時代の躑躅ヶ崎館の詰城だった要害山城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
要害山城

【要害山城の説明】
要害山城は、山梨県甲府市上積翠寺町にあった山城で「躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)」の詰城として築かれた城である。今川氏の武将「福島正成」が甲斐へ侵攻した際に、信虎は正室の大井夫人を「要害山城」へ避難させ福島勢を撃退したが、夫人はその最中に城中で嫡子「武田晴信(信玄)」を出産したと言われている。

要害山城/アクセス・場所・地図 武田信虎・信玄時代の躑躅ヶ崎館の詰城だった要害山城【お城特集 日本の歴史】

信玄の死後「武田勝頼」が跡を継ぐと、天正4年(1576年)6月、要害山城の普請を近在所郷に命じ城を強化した。城番は「駒井次郎左衛門」「武藤山城」「駒井昌直(右京亮)」が務めたという。

要害山城/アクセス・場所・地図 武田信虎・信玄時代の躑躅ヶ崎館の詰城だった要害山城【お城特集 日本の歴史】

武田氏滅亡後、徳川家康の支配を経て豊臣系大名が入城し、「加藤光泰」により修築が行われた。文禄年間の修築を示す遺構として穴太積みの石垣が残っている。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」後に甲斐国は再び徳川氏の領地となり、中心都市を甲府に定めたため要害山城は廃城となった。






【要害山城・場所・所在地】
〒400-0011 山梨県甲府市上積翠寺町

【要害山城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る