菩提山城:羽柴秀吉の軍師竹中半兵衛(竹中重治)の居城 菩提山城【お城特集 日本の歴史】

菩提山城/アクセス・場所・地図 羽柴秀吉の軍師竹中半兵衛(竹中重治)の居城 菩提山城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
菩提山城

【菩提山城の説明】
菩提山城は岐阜県不破郡垂井町の菩提山にあった山城である。
竹中半兵衛(竹中重治)の父、重元が「岩手弾正」を滅ぼして新たに菩提山城を築城したと伝わる。

菩提山城/アクセス・場所・地図 羽柴秀吉の軍師竹中半兵衛(竹中重治)の居城 菩提山城【お城特集 日本の歴史】

竹中氏は美濃国主の斎藤家に従属しており、道三、義龍、竜興の3代に渡り仕えた。永禄7年(1565年)、竹中半兵衛は主君である竜興をわずか16名の家臣とともに稲葉山城から追い落とすことに成功している。

菩提山城/アクセス・場所・地図 羽柴秀吉の軍師竹中半兵衛(竹中重治)の居城 菩提山城【お城特集 日本の歴史】

しかし、その後竜興の詫びを受け入れて城を返したと言われている。その後はしばらく隠棲していたが、織田信長の家臣「羽柴秀吉」に請われて秀吉の家臣となり、以来秀吉を支え続けた。

菩提山城/アクセス・場所・地図 羽柴秀吉の軍師竹中半兵衛(竹中重治)の居城 菩提山城【お城特集 日本の歴史】

主君秀吉が中国地方司令官に任命され播磨・備前、そして安芸の毛利家との戦いを繰り広げる中、天正7年(1579年)播磨三木城攻めの陣中で半兵衛は病没してしまう。家督は嫡男の「重門」が継ぎ菩提山城主となる。

菩提山城/アクセス・場所・地図 羽柴秀吉の軍師竹中半兵衛(竹中重治)の居城 菩提山城【お城特集 日本の歴史】

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで東軍に属した重門は「徳川家康」に菩提山城を提供し、戦後は麓に「竹中氏陣屋」を築き居を移した為「菩提山城」は廃城となった。現在、城の遺構として本曲輪、堀切、土塁などが残されている。

菩提山城/アクセス・場所・地図 羽柴秀吉の軍師竹中半兵衛(竹中重治)の居城 菩提山城【お城特集 日本の歴史】






【菩提山城・所在地・アクセス】
〒492-0000 愛知県稲沢市平和町城之内105

【菩提山城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る