大高城:桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】

大高城/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
大高城

【大高城の説明】
大高城は名古屋市緑区大高町にあった平山城である。
桶狭間の前哨戦にて松平元康(徳川家康)が行った「大高城兵糧入れ」で有名な城である。

大高城/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】

築城時期や城主などは不明だが南北朝時代に尾張国守護の「土岐頼康」の配下にあって、「池田頼忠」が城主であったようだ。その後、永正年間になると「花井備中守」や「水野為善」の名前が城主として記されている。

大高城/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】

天文17年(1548年)、今川義元の命で「野々山政兼」がこの城を攻めたが、小田信秀の反撃にあい落とすことができず政兼は戦死する。信秀が病に倒れると跡を継いだ信長を見限り、鳴海城の「山口教継」の調略で大高城、沓掛城は今川義元の手に渡ってしまう。

大高城/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】

この脅威に対して信長は「鷲津砦」「丸根砦」を築き攻撃に備えた。一方義元は永禄2年(1559年)、朝比奈輝勝を城主として送り込んでいる。永禄3年(1560年)、信長が築いた砦の猛威をくぐり「鵜殿長照」が入城しそのまま守備に就いた。その後、兵糧の不足から義元は松平元康に大高城への兵糧入れを命じ、元康は見事にその使命を果たしそのまま城の守備に就く。

大高城/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】

かくして「桶狭間の戦い」は勃発し織田信長の奇襲攻撃により義元は首を討たれてしまう。元康(家康)は間もなく自領である岡崎城へと入り、そのまま独立大名となった。この後、大高城は廃城となるが、江戸時代に入り尾張藩の家老の志水家が、元和2年(1616年)に館を設けて大高城跡に代々住むようになった。

大高城/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】

現在の城跡は「大高城址公園」として整備されており、現存する主な遺構は、本丸・二ノ丸曲輪跡、土橋と空堀などがある。かつては二重の堀に囲まれていたという。

大高城/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で松平元康の兵糧入れで有名な大高城【お城特集 日本の歴史】






【大高城・所在地・アクセス】
〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町城山(大高城址公園)

【大高城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る