滝山城:北条氏の関東支配の拠点 北条氏照の居城 滝山城【お城特集 日本の歴史】

滝山城:北条氏の関東支配の拠点 北条氏照の居城 滝山城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
滝山城

【滝山城の説明】
滝山城は、現在の東京都八王子市丹木町にあった中世城郭跡である。永正18年(1521年)山内上杉氏の重臣で、武蔵国の守護代大石定重が築城し、高月城から移ったと言われている。

天文15年(1546年)北条氏康が河越の夜戦(河越城の戦い)で扇谷上杉氏を滅ぼし、山内上杉氏の勢力を武蔵から排除すると、大石定久は北条氏康の三男・氏照を娘婿に迎え、事実上、大石氏は北条氏の軍門に下った。

滝山城:北条氏の関東支配の拠点 北条氏照の居城 滝山城【お城特集 日本の歴史】

永禄元年(1558年)頃、北条氏照は城の大改修を実施した。永禄12年(1569年)小田原攻撃に向かう武田信玄が2万の兵を率いて滝山城の北側の拝島に陣を敷き、別働隊の小山田信茂隊1千が小仏峠から進入した。

滝山城:北条氏の関東支配の拠点 北条氏照の居城 滝山城【お城特集 日本の歴史】

これに対し北条方は廿里で迎撃したが一蹴され(廿里古戦場)滝山城三の丸まで攻め込まれ落城寸前にまで追い込まれたが2千の寡兵でどうにか凌いだ。この戦いにより氏照は、滝山城の防御が不十分であることを痛感し、近くの深沢山(現在の城山)に八王子城を築城するきっかけとなったと言われている。

滝山城:北条氏の関東支配の拠点 北条氏照の居城 滝山城【お城特集 日本の歴史】

多摩川と秋川の合流点にある複雑な地形を巧みに利用した天然の要害で、関東随一の規模を誇ったという。遺構として本丸・中ノ丸・千畳敷跡空堀などが残っている。なお、滝山城は現在「都立滝山公園」となっており、国の史跡に指定されている。

滝山城:北条氏の関東支配の拠点 北条氏照の居城 滝山城【お城特集 日本の歴史】
※本丸跡にある古井戸






【滝山城・所在地・アクセス】
東京都八王子市高月町・丹木町地内

【滝山城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る