三田城:九鬼水軍で有名な九鬼氏が志摩鳥羽城から3万6千石で移封した三田城【お城特集 日本の歴史】

三田城/アクセス・場所・地図 九鬼水軍で有名な九鬼氏が志摩鳥羽城から3万6千石で移封した三田城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
三田城

【三田城の説明】
三田城は兵庫県三田市屋敷町の天神の付近にあった平城である。
南北朝時代に赤松氏が有馬郡を攻略し、東野上城を赤松氏範が築城したと言われている。

三田城/アクセス・場所・地図 九鬼水軍で有名な九鬼氏が志摩鳥羽城から3万6千石で移封した三田城【お城特集 日本の歴史】

その後、赤松一族の有馬氏が有馬郡を統治し、「有馬義祐」が東野上城の山城から山麓の三田城へ拠点を移したとされている。戦国時代に入ると、三田城主「有馬国秀」は織田信長の家臣で摂津守護の「荒木村重」の支配下に入る。

三田城/アクセス・場所・地図 九鬼水軍で有名な九鬼氏が志摩鳥羽城から3万6千石で移封した三田城【お城特集 日本の歴史】

しかし、天正3年(1575年)にあらぬ疑いがかかり自刃して果ててしまう。有馬氏の嫡流はここで絶えてしまい、その後は荒木氏の一族「荒木平太夫」が城主となる。

三田城/アクセス・場所・地図 九鬼水軍で有名な九鬼氏が志摩鳥羽城から3万6千石で移封した三田城【お城特集 日本の歴史】

天正6年(1578年)荒木村重が織田信長に反旗を翻すと有岡城は落城し、三田城も織田家の家臣団によって落とされた。以降、池田氏、三好信吉が三田城の城主となる、天正10年(1582年)近江から「山崎片家」が2万2千石で入封し、片家が死去するとその息子「山崎家盛」が城主となり三田城を修築した。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが勃発すると「山崎家盛」は石田三成の西軍に与したことで転封となり、次いで淡河城を拠点としていた有馬氏庶流の「有馬重則」が2万石にて入城する。

三田城/アクセス・場所・地図 九鬼水軍で有名な九鬼氏が志摩鳥羽城から3万6千石で移封した三田城【お城特集 日本の歴史】

旧領を回復した有馬氏だったが、元和6年(1620年)久留米藩に21万石に加増の上、転封となりここに有馬氏の三田支配は終わりを告げる。寛永3年(1626年)には出羽国上山城から「松平重直」が新たに入封するも、そのわずか6年後の寛永10年(1633年)、豊後国の龍王城へ転封となる。

三田城/アクセス・場所・地図 九鬼水軍で有名な九鬼氏が志摩鳥羽城から3万6千石で移封した三田城【お城特集 日本の歴史】

次に三田城主となったのが九鬼水軍で有名な九鬼氏で志摩国「鳥羽城」から3万6千石にて入封し、そのまま260年あまりを九鬼氏が城主を治め明治維新を迎えている。三田城の遺構としては堀、礎石建物、井戸、石垣などが残されている。






【三田城・場所・アクセス】
〒669-1532 兵庫県三田市屋敷町1-20

【三田城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る