檜山城:安東実季が湊城へ移るまで安東氏が拠点にしていた檜山城【お城特集 日本の歴史】

檜山城/アクセス・場所・地図 安東実季が湊城へ移るまで安東氏が拠点にしていた檜山城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
檜山城

【檜山城の説明】
檜山城(檜山安東氏城館跡)は秋田県能代市にあった山城である。
康正2年(1456年)、葛西秀清を「安東政季・安東忠季」父子が滅ぼして安東氏がここに本拠を構えたと伝えられている。

檜山城/アクセス・場所・地図 安東実季が湊城へ移るまで安東氏が拠点にしていた檜山城【お城特集 日本の歴史】

以降代々安東氏がこの地を治めて本城としていたが、慶長3年(1598年)「安東実季」は秋田市の湊城に本拠を移し、檜山城には代官を配置した。慶長7年(1602年)、関ヶ原の戦い後「秋田氏」と性を改めた安東氏は常陸「宍戸藩」に転封となり、かわりに「佐竹義宜」が秋田に国替えとなった。

檜山城/アクセス・場所・地図 安東実季が湊城へ移るまで安東氏が拠点にしていた檜山城【お城特集 日本の歴史】

義宜は重臣「小場義成」を檜山城の城代とするが、慶長15年(1610年)には小場義成を大館城に移し、かわりに「多賀谷宣家」を城代とし檜山城1万石を与えた。しかし、元和6年(1620年)、江戸幕府の一国一城令により檜山城は廃城となった。

檜山城/アクセス・場所・地図 安東実季が湊城へ移るまで安東氏が拠点にしていた檜山城【お城特集 日本の歴史】

現在の檜山城跡は「檜山安東氏城館跡」として整備され、また曲輪や土塁なども遺構として残っている。

檜山城/アクセス・場所・地図 安東実季が湊城へ移るまで安東氏が拠点にしていた檜山城【お城特集 日本の歴史】






【檜山城・場所・アクセス】
〒016-0151 秋田県能代市檜山

【檜山城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る