大村藩/大村家2万7千石:大村純熈 鳥羽・伏見の戦い直前に大津を抑え幕府軍の援軍を防いだ大村藩【幕末維新写真館】

大村藩/場所・アクセス・地図 大村家2万7千石:大村純熈 鳥羽・伏見の戦い直前に大津を抑え幕府軍の援軍を防いだ大村藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
大村藩

【説明】
第12代当主「大村純忠」は、天正15年(1587年)の「豊臣秀吉」の九州平定に長子「大村喜前」を従軍させ、戦後の九州論功行賞で領地を安堵された。喜前は「関ヶ原の戦い」では東軍に属し徳川家康から本領を安堵され初代藩主となる。

大村藩/場所・アクセス・地図 大村家2万7千石:大村純熈 鳥羽・伏見の戦い直前に大津を抑え幕府軍の援軍を防いだ大村藩【幕末維新写真館】

江戸期を通じて大村氏がこの地を統治し続けた。幕末最後の藩主である第12代藩主「大村純熈」の時代には藩論が佐幕と尊皇で大きく割れた。尊皇派では「渡邊昇」らを中心とする勢力が台頭した。

文久2年(1862年)、純熈が長崎惣奉行となると佐幕派が台頭し、尊皇派はこれに対し改革派同盟(大村三十七士)を結成した。純熈は藩内に文武や学問を奨励し、外交では文久2年(1862年)には平戸藩と同盟を結んでいる。元治元年(1864年)、純熈の長崎惣奉行辞任により今度は尊皇派が台頭した。慶応3年(1867年)、改革派同盟の盟主である「松林飯山」が暗殺され「針尾九左衛門」も重症を負った。

大村藩/場所・アクセス・地図 大村家2万7千石:大村純熈 鳥羽・伏見の戦い直前に大津を抑え幕府軍の援軍を防いだ大村藩【幕末維新写真館】

藩論が一気に尊王倒幕へと統一されると、在郷家臣団を含む倒幕軍が結成された。以後、薩摩藩・長州藩と共に倒幕の中心藩の一つとして活躍し、戊辰戦争では東北地方にまで出兵した。特に「鳥羽・伏見の戦い」の直前には近江国大津を固めるために大村藩兵50名が少数ながら真っ先に大津に兵を派遣し、幕府側の京都援軍の侵攻を阻むことになった。この功績により、明治2年(1869年)6月には賞典禄3万石を与えられ版籍奉還により大村藩知事に任じられた。

明治4年(1871年)、廃藩置県により大村県となったのち、長崎県に編入された。

【場所・アクセス・地図】
〒856-0834 長崎県大村市玖島1-34








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る