六浦藩(武州金沢藩)/米倉家1万2千石:米倉昌言 戊辰戦争ではいち早く新政府軍に恭順【幕末維新写真館】

六浦藩(武州金沢藩)/場所・アクセス・地図 米倉家1万2千石:米倉昌言 戊辰戦争ではいち早く新政府軍に恭順【幕末維新写真館】

【藩名】
六浦藩(武州金沢藩)

【説明】
金沢文庫で知られる久良岐郡金沢付近の六浦に陣屋を置いたため「武州金沢藩」や「武蔵金沢藩」とも呼ばれる。藩庁は六浦陣屋に置かれた。慶応3年(1867年)末、横須賀製鉄所の警護を務めたが、慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」ではいち早く新政府軍に恭順した。

明治2年(1869年)6月の「版籍奉還」を受けて金沢藩知事任命後に「六浦藩」を正式名称とした(加賀金沢藩との同名の為)。明治4年(1871年)、7月14日の「廃藩置県」により六浦藩は廃されて六浦県となった。

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る