玉取藩/堀家1万2千石:堀通周 幕府の命により改易【幕末維新写真館】

玉取藩/場所・アクセス・地図 堀家1万2千石:堀通周 幕府の命により改易【幕末維新写真館】
5/5 (1)

【藩名】
玉取藩

【説明】
「堀利重(堀秀治の弟)」は「大坂の陣」で武功を挙げたことから、元和8年(1622年)常陸新治郡に1万石を与えられて「玉取藩」を立藩した。利重はその後、書院番頭、大番頭、寺社奉行など要職を歴任したため4000石の加増を受けたが、寛永15年(1638年)に死去した。

家督は長男の「堀利長」が継いだが、このとき弟の「堀利直」に2000石を分与している。利長には男児がなかったため、養嗣子として「堀通周」を迎えて、万治元年(1658年)に家督を譲った。しかし、通周は延宝7年(1679年)12月に発狂して家臣を殺害したため、幕府の命令により改易され、玉取藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る